今日は、待ちに待った(?)娘の運動会でした^^

娘のかけっことお遊戯は、歩行器(PCW)を使ったものになりました。

実際、どんな様子だったのか、ざっと振り返ってみたいと思います。

結局、かけっこの娘のスタート位置と走るコースはどうなったのか?

うちの娘だけは、ゴールに近い、トラックの2/3くらいの位置から、歩行器でスタートすることになりました。

※トラックの半分の位置からだと、距離がありすぎたようです。この距離だと、娘のゴールをみんなで待つ時間が長くなってしまうそうです。

走るコースはみんなと同じで、加配の保育士さんが娘の隣に付き添って、一緒に走ってくれる設定です。

かけっこの実際の様子。想像以上のパフォーマンスでびっくり。

「ことちゃんはあちらからスタートします!ことちゃん準備はいいですかー!?」

という、司会の保育士さんの呼び掛けに、

「はーい!」と娘が手をあげました。

その直後に、

「よーい、どん!!」でスタート!

「がんばれー!(どんどん!)」という声援と太鼓の音のなかで走り出しました。

(えー!!あんなに走れるようになったの!?すごいじゃん!)

今まで見たことのない勢いで娘が走っていたので、本当にびっくりしました・・・

すぐに、みんなに追い抜かれて、ひとりぼっちになりましたが、最後は、

「がんばれー!!(パチパチ)」と、観客席からの声援と拍手のなかでゴール!

ここで、僕は昨年と同じようにうるうるして、涙が出るかと思っていたのですが・・・

全く出ませんでした(笑)

まさか娘があそこまで走れるとは思っていなかったので、ものすごくビックリして、うるうるの感情が吹っ飛んでしまったようです・・・

ちなみに、昨年の運動会のときは、娘はゴールの直前からほんの数歩、歩いただけでしたので、それと比べるとすごい成長です^^

お遊戯も想像以上のパフォーマンス。

これは、よく意味が分からない歌とダンスでした^^

娘は歩行器の中で、加配の保育士さんに後ろから支えられながらですが、立った状態で、両手を使って踊ることができていました。

昨年は、バギーに乗って踊っていたので、これも、すごい進歩です^^

親子競技はちょっとしたアスレチック?

親子競技は、親子で一緒に歩いて、クモの巣みたいな網をくぐったり、ロープを飛び越えたりする、ちょっとしたアスレチックみたいな競技でした。(ものすごく短い距離です)

ここでは歩行器は使わずに、奥さんが娘を支えながら、「いっちに、いっちに・・・」と超スローでがんばってくれました^^

娘は、かけっことお遊戯でほとんど体力を使いきっていたので、もうヘロヘロでしたね・・・

まとめ。

今回の運動会は、保育士さんがいろいろ考えてくださったおかげで、うちの家族にとっては、本当に何も言うことがない最高の運動会になりました。

とにかく、娘の成長にびっくりです^^

でも、やっぱり一番うれしかったのは、かけっこで娘がゴールするときに、子どもたちや、観客の保護者のみなさんに応援してもらえたことです。

すごい声援と拍手だったので、これは本当にうれしかったです。

思い出したら、今頃うるうるしてきました・・・

(自分の今までの人生のなかで、あんなに他人に応援されたことあったかな・・・)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。