娘が通う小学校と学級が、ほぼ決まりましたので、決めた理由などについて、まとめておこうかなと思います。

※これについては、賛否両論があると思います。ご家庭ごとに様々な事情もあると思いますので、あくまでも参考程度に、さらっと読んでいただければと思います^^

娘が通う小学校は、普通小学校の特別支援学級(肢体不自由クラス)に、ほぼ決定。

以前の記事「娘が通う小学校。3つの選択肢について」で、うちの娘は、普通小学校の特別支援学級か、普通学級のどちらかになる?というようなことを書きました。

あれから、つい最近ですが、奥さんと娘が、学区内の小学校の特別支援学級と、普通学級の様子を見学してきました。

そこで、教師の方といろいろな話をしたり、一応?僕とも話をした結果、「特別支援学級にお願いしようか」ということになりました。

特別支援学級(肢体不自由クラス)にした理由

娘と奥さんが「支援学級のほうがいい」と言った。

娘にどっちがいいのか、何回か聞いてみたのですが・・・このような答えが返ってきました。

「支援学級がいいかな。だって広いでしょ?ことちゃんは車イスだからね^^」

むちゃくちゃ単純ですが・・・これが、特別支援学級の肢体不自由クラスを選んだ一番の理由です。

うちの奥さんも、支援学級を見学した後は、こんな感じでした。

「至れり尽くせりじゃん。いい人ばっかりだし。ここにしない理由あるの?」

ちなみに、うちの家族の場合、これに関しての優先順位は、娘の意思が一番高くて、「娘の意思→奥さんの考え→僕の考え」という順番です。

なので、娘と奥さんが、支援学級がいいんじゃない?と言っている時点で、ほぼ決定です(笑)

そもそも、学校にこだわりがない。

そもそも、うちの家族には、「普通学級じゃないと駄目だよ!」というような、こだわりが一切ありません。

誰かに怒られそうなので、あまり大きな声では言えませんが・・・僕の考えは、基本的に「娘がよければ、どこでもいい」です。

娘には、3つの選択肢がありましたが、正直、娘が選んだ環境であれば、どこでもよかったです。

もちろん、娘を含めた、色々な人の負担が大きすぎる場合は、そうも言ってられないかもしれませんので、あくまでも「基本的には」ということになりますが・・・

どの環境を選んでも、必ずメリットとデメリットがあるはずです。

それに、僕が今、メリットだと考えていることは、もしかしたら、何年後かの娘にとっては、とんでもないデメリットなのかもしれません。

なので、言ってしまうと、どの環境が一番いいのか?ということに対しての、正解がありません。

でも、娘が自分の意思で選択したのであれば、どんな環境であっても、そこが「娘にとっての正解」にはなるはず。そう思っています^^

今の娘には、まだまだ介助が必要。

障がいがある娘は、健常の子ども達と同じように行動することは不可能です。なので当然、介助が必要になります。

例えば、今の娘は、歩行器やクラッチ(杖)を使えば、少しだけ歩くことはできますが、何も支えがなければ、その場に立っているだけでも難しい状態です。なので車椅子も不可欠になります。

また、トイレも介助なしでは無理です。例えば、トイレに行って、ズボンを下ろして便座に座り、またズボンを履くといった、一連の動作が一人ではできません。

着替えも同様に、介助なしでは、とても難しい状態です。

支援学級の肢体不自由クラスであれば、教師とは別に、必ず介助者が娘に付いてくれます。

また、このクラスは生徒が少ないため、教室はゆったりとしています。車椅子でも自由に動けるんですね^^

ちなみに、普通学級だと、1クラスに35人ほどの生徒がぎっしり詰まっているそうですので、車椅子で自由に移動なんて、とてもじゃないですが無理です・・・

もしかしたら、娘もその様子を見て、圧倒されてしまったのかもしれません。

普通学級でも介助者が付けれるのでは?

この小学校は、肢体不自由クラスに籍を置けば、子供に介助者を付けることができますが、普通学級に籍がある場合は、基本的に、同じような介助者は付けれないとのことです。

なので、もし娘が普通学級に通うとなると、介助者を自分で雇うか、親が常時、付き添う必要があります。

でも、もしかしたら、いろいろな関係者と話をして交渉すれば、介助者を派遣してくれるのかもしれません。

ただ、先程もお話した通り、うちの家族は普通学級に対してこだわりがありませんので、詳しいことは聞いていませんし、正直、そこまでのパワーもありません・・・

それに、うちの家族は共働きですので、親が付き添うというのも、今の時点では考えにくいのが、正直なところです。

(娘がどうしても普通学級がいい!と言っていれば、また状況は違っていたのかもしれませんが・・・)

特別支援学級だと子供が孤立してしまう?

特別支援学級の肢体不自由クラスは、今のところ、数人しか生徒がいないそうですので、たしかに孤立しているイメージはあります。

ただ、教科によっては、普通学級に通って授業を受けさせてくれるそうなので、これについては、ほとんど心配はしていません。

こういう機会に、友達が出来たらいいのかな、という感じですね^^

うちの家族が支援学級を選んだ理由は、以上になりますが・・・何かひとつでも参考になるところがあれば、嬉しく思います^^

※実は、まだ他にも理由がありましたが、記事が長くなってしまったのと、書くと誰かに怒られそうな気がしたのでやめました(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。