先日は、娘の手術前の検査と診察がありました。

奥さんが、ついでに、車イスの見積書と、補装具費支給についての意見書をもらってきましたので、そのことについても、少しまとめておこうと思います。

手術(股関節周辺筋解離術)前の検査と診察

今回は、次の3つの検査をしたそうです。

  • 1. 止血検査 (耳たぶに小さな傷をつけて、自然に血が止まるまでの時間を測定する検査です)
  • 2. 心電図検査
  • 3. レントゲン検査(胸部)

結構大きな手術になるので、しっかり止血されるかどうかは重要みたいですね。

上記の検査後は、検査の結果を診ての診察がありましたが、とくに問題はなかったようです^^

手術の詳細については、手術の前日に、主治医から説明があるとのことでした。

車イスの見積書と、補装具費支給についての意見書

奥さんが、ついでに、車イスの見積書と意見書をもらってきました^^

※購入する予定の車イスはこれです。⇒ 【自走用】ジュニアサイズ アクティブスタンダード車いす「PILOT2(パイロットツー)」

車イスの見積書

車イスの見積は、こんな感じになりました。

車イスの見積書

いろんなパーツで構成されているみたいですが、合計金額は、266,171円です。やっぱり、結構いい値段になっちゃいますね・・・

これから、役所に補装具費支給(1割負担)の申請をして、それが認められれば、2万円ちょっとで購入できることになります。

補装具費支給についての意見書

主治医の意見書は、むちゃくちゃあっさりしていました(笑)

こんな程度の内容です。

補装具費支給についての意見書(車椅子用)

【障害名及び原因となった疾病・外傷名】
四肢体幹機能障害 脳性麻痺

【経過・現症】
体幹・両下肢の筋緊張異常あり。立位・歩行ができない。

【補装具の種類】
車椅子 普通型

【補装具の処方】
クッション(多層構造)、キャリパーブレーキ、フットブレーキ、滑り止めハンドリム、屋外用エアーキャスター、シートベルト(骨盤)
(他 見積書参照)

【支給を必要とする理由】
移動に利用する。

もう少し具体的に、車イスの必要性について書いてほしかったのですが・・・

でも、その代わりに奥さんが、役所に提出する別の書類に、今の娘に車イスが必要な理由を、こと細かく書いてくれました。(ありがとうございます!)

※例えば、今使っているバギーのサイズが、今の娘には、もう合わなくなってしまったことや、娘の体幹(腹筋など)を鍛える意味でも、これから使用していきたい。というようなことです。

なので、たぶん、補装具費支給(1割負担)は、認められると思います。

(役所のおばちゃん、頼むよ!)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。