たぶん、このタイプのおもちゃ、どこのリハビリ室にもありますよね・・・
(※アンパンマン にぎって! おとして! くるコロタワー)

(KUMONの「くるくるチャイム」の方が多いかもしれません。)

うちの娘は2歳くらいまで、よく遊んだおもちゃです。

リハビリのときには、理学療法士さんに支えられながら立たせてもらって、目の前のテーブルに置いた、このおもちゃで遊んでいました。

この頃の娘は、体のバランスがとれないこともあって、両手を使って何かをすることが難しかったので、しっかり両手を使えるように、遊びながら訓練していたのを覚えています。

そういえば、「ボイタ」をした後は、必ずこれで遊んでいた時期がありました。

ボイタをしていても、早く遊びたくて仕方がなかったり、リハビリの時間が過ぎても、もっと遊びたくて大泣きする、なんてこともありました。(懐かしいな・・・)

でも、今となっては、娘は見向きもしないおもちゃです・・・

なんだか寂しいですね。

と同時に、必死でリハビリしていた時期が懐かしく思えます。

あ、今もリハビリは続けていますよ^^(ボイタはやめちゃいましたけどね・・・)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。