先日、うちの奥さんの足の裏にウィルス性のイボができて、液体窒素でイボを焼く治療をしていたのですが、完治した今ごろ、娘に移ってしまったようです。

※娘の手にできたウィルス性のイボです。

娘の手にできたウィルス性のイボ

一見、なんともなさそうですが、これがウィルス性のイボなのだそうです。

奥さんが娘を皮膚科医院に連れていきましたが、やっぱり娘も液体窒素の治療をすることになりました・・・

治療は痛いとは言っていましたが、大泣きすることはなく、割りとあっさり終わったようです。

ただ、治療後に、うちの娘は普段、歩けなくて四つ這いで過ごしていることを、皮膚科医のおばちゃんに伝えたところ、

「ひざにもできるかもしれないね・・・」

と言われたそうです・・・

心配になって、娘のひざをじっくり見たのですが、ありませんでした^^

でも、その代わりに・・・

足の甲に小さいのを見つけてしまいました(笑)

四つ這いで生活していると、ひざと、足の甲にもイボが移りやすいんですね・・・

やっぱり、床の除菌は十分にしたほうがよさそうです・・・

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。