先日、家族でコメダ珈琲店に行ってきました。(写真はそのときの様子です)

最近は、全国に進出してるみたいで、新しい店舗はバリアフリーの構造があたり前になってるようです。

でも、うちの家族が住んでいる名古屋市付近は、昔からの店舗が多くて、バリアフリーとはほど遠い店舗もたくさんあります。

個人的には、昔ながらの味がある店舗のほうが好きなのですが、バギー(子ども用の車イス)に乗っている娘と行くときは、あえて自宅から離れた場所にあるバリアフリーの店舗に行きます。

具体的に、どういった違いがあるのかというと、まず昔ながらの店舗には、入り口に、車イスでは自力で上がれない段差があります。

店舗の中にも、ところどころに段差がある作りのところもあります。こういった店は、通路も車イス1台分の幅しかなかったりします。

それから、トイレですね。

昔からの店舗は、トイレの入口の扉が引き戸ではありません。なので、車イスで一人で入るのは難しいです・・・

さらにトイレの中はとにかく狭いです・・・当然、手すりも付いていません。

ちょっと厳しいですよね・・・これでは、いろんなことが心配で楽しめません。

必要な箇所だけでも、バリアフリーの構造に改装していただけると、本当に助かるのですが・・・

(近所のコメダもバリアフリーにしてくれないかな・・・そしたら毎週のように行くかも!?)

もし、初めてコメダ珈琲店に行かれるようでしたら、その店舗が最近のものなのか、またバリアフリーの構造になっているか、確認してみてくださいね^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。