術後の娘の足は、股関節付近~つま先付近まで、ギプスでぐるぐる巻きになっていますので、全く動かすことができません。

(両足は30~40°くらい?開いた状態で、その内側は、足首同士が木の棒で繋がれていて、固定されています。)

なので、リハビリの時間は、専用のバギーのようなものに乗せられてリハビリ室まで行き、そこで理学療法士さんのリハビリを受けています。

リハビリは上半身が中心。

リハビリと言っても、下肢はギプスで覆われていますので、背中などの上半身のマッサージが中心なのだそうです。

娘の上半身は、もともと脳性麻痺の影響もあって、固くなりがちなので、マッサージは念入りにするそうです。

それから、腕を鍛えるためのリハビリも、毎回行っていて、例えば、腕を上げたり下げたりの体操、腕立て伏せや、手押し車もするそうです。

今の娘は、ベッドに寝たきりですので、どうしても腕の力が落ちてしまいます。

腕の力がないと、歩行器(PCW)にも、まともに乗れなくなってしまいます。(歩行器に乗ったときに、自分の体を腕の力で支えられなくなってしまうからです)

なので、今のうちに、もとの腕の力に戻るようにリハビリを続けていくとのことでした。

足のリハビリは、ギプスから出てる場所だけ。

娘の足は、ギプスでぐるぐる巻きの状態ですが、足の指だけは、ちょこっと出ていますので、指先をマッサージしたり、ひっぱったりもしているそうです(笑)

最初に、この話を聞いたときは笑ってしまいましたが、足の指でも、あまりにも動かしていないと、脳が感覚を忘れてしまうのだそうです。なので意外と重要みたいですね^^

ちなみに、このマッサージは、術後5日目くらいには、もう病室で始めていました。

手術をした傷口もマッサージする。

痛いじゃん!!

ってすぐに思いましたが・・・傷口もほぐしてあげないと、固くなってしまうのだそうです。

これは本当に意外でしたね・・・

※今の娘は、股関節付近の手術箇所だけは、ギプスから出ていますので、その傷口だけはマッサージすることができます。

もちろん、本人が痛がるようなら、中断したり、軽めにしたりします。

以上になりますが、今の時点での、娘のリハビリの様子をまとめてみました。

※術後3週目くらいから、娘の両足を内側で固定している木の棒が外されるため、立位の訓練が開始できる予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。