以前に、娘の術後の様子を書いてから、ずいぶん日が経ってしまいましたので・・・現在までの様子を簡単にですが、まとめておこうと思います。

術後1週目:ほとんど動けない。

娘と奥さんが一番大変だった時期だと思います。

娘の両足は、股関節付近~つま先付近まで、ギプスで覆われていました。ギプスの両足は40°くらい開いた状態で、その内側は、木の棒で繋がれて固定されていました。

また、痛み止めの機器が背中に繋がっていたため、娘は、ほとんど動くことができませんでした。

術後5日目くらいに、痛みがなくなったため、背中の機器が外されて、その後、病室でのリハビリが開始されました。

ちなみに、リハビリといっても、ギプスからちょこっと出ている、足指のマッサージだけです(笑)

術後2週目:ギプスの巻き直し。

一回目のギプスの巻き直しがあり、ギプスは少し細くなりました。見た目がすっきりした印象です^^

ちなみに、ギプスの色は、緑、青、黄、ピンク、白から選べるようです。ピンクがかわいいかも(?)

それから、この時期から、作業療法(OT)の時間もとってもらえるようになりました。奥さんが「暇だからOTも入れてもらったー。」って言ってましたね^^

術後3週目:両足を固定している棒が外される。

娘の両足を固定していた木の棒が、昼間は外すことができるようになりました。(夜寝る前には、また付けなければいけません)

この棒がなくなったことで、リハビリのときに立つ訓練ができるようになりました。(歩く訓練は、ギプスが邪魔なので、まだできません。)

術後4週目:ギプスが膝下だけになる。

下肢全体を覆っていたギプスですが、股関節から膝までの部分がカットされて、膝下だけになりました。

これで膝が完全に出て、曲がるようになったため、歩行訓練もできるようになり、車イスにも乗れるようになりました。

娘は、車イスに乗れば、自分の好きなところに、すいすい移動できるので、本当に楽しそうでしたね^^

用もないのに、「ちょっと行ってくるー。」と言って、病院の廊下を何度も、行ったり来たりしていました(笑)

術後5週目:歩行器(PCW)に乗り始める。

この時期から、歩行器での訓練が始まりました。

また、保育士(医療保育専門士)さんと、言語聴覚士さんによる、保育の時間もとってもらえるようになりました。

一日に、PT、OT、保育の時間の全てが入っているときもあって、暇だった入院生活が一変して、忙しくなったころです。

術後6週目:再度ギプスの巻き直し。

今度は、膝下のギプスの巻き直しです。左右で色違いの、変なのでした・・・

この時期は、とくに新しいことはなかったようです。

術後7週目:ギプスが全て外された。

ようやく、ギプスが全て外されました。あたり前ですが、娘の足は、かなり筋肉が落ちて細くなっています。(傷痕も痛々しい・・・)

でも、下肢全体が柔らかくなっていて、ほとんど麻痺の影響を感じません。

この時期から、プールでのリハビリも始まりました。娘はプールが大好きなので、やっぱり楽しいみたいですね^^

ちなみに、このリハビリは、保護者もプールに入らないといけません・・・なので、最初に、この話を聞いたお母さんのほとんどが、頭をかかえるそうです(笑)

以上になりますが、術後7週目くらいまでの様子を、ざっとまとめてみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。