娘が保育園に通うようになって、いい意味でビックリしたことがいくつかありましたので、まとめておきたいと思います。

とくに、うちの娘のように身体に障がいがある子は、保育園に通うことで、急成長する可能性があるような気がしてなりません。

取っ手付きの普通のコップが使えるようになった。

乳児クラスのときは、他の子どもが普通のコップを使っているなかで、うちの娘だけは、ストロー付きのものを持参して使っていました。

この頃の娘は、普通のコップを持つことがすごく難しかったです。なんとか持てても、口までうまく運ぶことができずに、こぼしてしまっていました。

でも、年少にあがって、娘にいろんな世話をしてくれる「加配」の保育士さんが付くようになってからは、いつの間にか、取っ手付きのコップが使えるようになっていました。

「あれ??いつの間に普通のコップ使えるようになったの!?」

と、奥さんに思わず聞いてしまうほどです。

本当にいつの間にか・・・です。

どうも、この保育士さんが本当に丁寧に、娘にいろんなことを教えてくれているようです。

(ありがとうございます!)

※この保育園は、障がい児3人に対して1人、加配の保育士さんが付くようになっています。

箸が(それなりに)使えるようになった。

これも同じですね。

加配の保育士さんが、娘に丁寧に教えてくれていたようです。

年少にあがるまでは、ずっとスプーンとフォークを使っていたはずなのに・・・いつの間に・・・

(この保育士さん本当にすごい!)

箸を使ってご飯を食べるなんて、正直諦めていたくらいです。

自分で短パンを脱げるようになった。(履くのは無理)

これも、娘には難しかったことなのですが・・・

短パンまでは脱げるようになっていてビックリです。

履くのは、今でも難しいですけどね^^

言葉のバリエーションがどんどん増える。(とにかくよくしゃべる)

これは、保育士さんというより、他の子ども達のおかげですね^^

毎日、保育園から帰ってくると、何かしら新しい言葉を覚えてきていて、得意げに使っています。

まあ、とにかくよくしゃべります。

ちなみに、うちの親は二人とも、あまりしゃべるほうではないです。どちらかと言うと無口なほうです。

(親が無口なのに、なんでこんなにしゃべるんだろう・・・不思議・・・)

ということで、うちの娘の場合は、親というよりも、ほとんど保育士さんのサポートのおかげで、いろんなことができるようになっている気がします・・・

本当にありがたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。