先日、地元のあるテーマパークに家族3人で出掛けたときのことです。

まだ、開園する30分くらい前だったと思いますが、すでに、いくつかの駐車場の前で車が渋滞していました。

「満車」の看板がある駐車場は当然スキップし、スタッフの方に誘導されるがままに、空きのある駐車場に入りました。

駐車場に入ると「こちらへどうぞー」と、別のスタッフの方に駐車場所を指定されたのですが、そこは車イスマークの場所ではなかったので、ダメもとではあったのですが、

「子どもが車イス(バギー)です。車イス用の場所は空いていますか?」

と、聞いてみました。

すると意外にも、

「それでしたら、あちらでUターンしてください。道路を挟んだ向かい側の駐車場にあります。」

そこは、先ほどスキップした「満車」の看板が立っていた駐車場でした。

そこを特別に開けてくれて、車イスマークのある場所に車を停めさせてくれました。

私が停めた場所以外にも、数台分の車イスマークのスペースがありましたが、黄色のコーンが置いてあって、駐車できない状態になっていました。

駐車場は「満車」として封鎖していましたが、車イスマークのスペースだけは、誰にも停められないようにして、残してくれていたのですね。

すごく、ありがたかったです。

最近はどこかに出掛けても、車イス用のスペースが空いていないことが多くて・・・

仕方がないことだとは思っているのですが、それでも、ちょっとがっかりしてしまうことが続いていました。

なので、こんな配慮をしてくださる施設もあることを知って嬉しかったですし、とにかくありがたかったです。

(これは本当に感謝しないと・・・)

みなさんも、同じような状況に遭遇したら、ダメもとで誘導スタッフの方に聞いてみてはどうでしょうか?

意外と空きがあるかも(!?)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。