ボイタ法」は、脳性まひ児に対するリハビリ方法のひとつですが、僕は続けられずに挫折しました。

何が大変だったかというと、娘がとにかく大泣きすることです。

痛いわけではないのですが、身動きがとれなくなるのが本当に嫌みたいで、ものすごく暴れます。

ずっと大泣きして暴れていますので、娘の体は火の玉のように熱くなります・・・

なので、ボイタをしている僕も汗だくで、とにかく必死・・・ものすごく体力を消耗します。

さらに僕の場合は、娘がずっと泣いている姿を見ていると本当に精神的にまいってしまいます。

(この子の将来のためなんだ!これでいいんだ!)

と、何度も思うようにしましたが・・・

どうしても・・・かわいそうになってしまって・・・僕には無理でした。

なので、ボイタをずっと続けてるお母さんたちは本当にすごいです。

あれをずっと続けていくのは、並大抵のことではないと思います。

本当に執念というか、相当な思いがないとできないはずです。

(このすごさは、実際にやった人にしか分からないだろうな・・・)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。